経営者・会社の事件・事故


2010/03/10
「夢現テクノ」社長逮捕

「夢現テクノ」社長逮捕

  警視庁蔵前署は、大学の非常勤講師を名乗り、電気機器製造会社から融資名目で現金約5,000万円をだまし取ったとして、熱源機器製造会社「夢現テクノ梶v(本店 日光市瀬川211)社長の張田正昭容疑者を詐欺の疑いで逮捕した。

  同署などによると、平成15年7月下旬頃、張田容疑者は、電気制御装置製造会社の社長に対し、「筑波大学で非常勤講師をしている。開発した部品は人工衛星などにも採用されている」などと嘘を言って信用させ、「自分の理論を応用すればパチンコ台の新しい冷却装置が開発できる。5,000万円融資してほしい」などと持ちかけて、現金計約5,000万円を詐取した疑いが持たれている。

  調べに対し、張田容疑者は「研究開発費としてもらった」などと容疑を否認しているという。

  同社は、平成15年5月設立、資本金1,000万円。





※ご注意



Copyright © since 1998 株式会社セイケイデータ
All rights reserved.